トライアスロンをはじめよう!

トライアスロンをするならこれを揃えよう!

トライアスロンは3種目を行う競技なのでお客様からよく「何を揃えなきゃいけないの?」というご質問受けます。 ここでは『最低限これだけは揃えよう!』という商品をご紹介します。

【スイム編】

「ウェットスーツ」
内部に気泡を含み伸縮性の高い合成ゴムでできており保温性・浮力が得られます。保温や浮力を得るために全体を覆う『フルスーツ』と、泳ぎやすくするために袖の部分がない『ロングジョン』と呼ばれる2種類があります。
初めての方にはフルスーツがおすすめです。事故防止の観点から、国内のほとんどの大会で着用が義務付けられています。


オリジナルウェットスーツのご紹介はこちら

 

「トライスーツ」
ウェットスーツの下に着用ウェアでバイク~ランパート時はこのウェアで行います。
上下が別々の『セパレート』と腹部の締め付けがない上下一体の『ワンピース』の2種類があります。セパレートタイプのパンツは、トレーニングのスイムウェアとしても使用可能です。
※51.5km以下の大会ではフロントファスナーが禁止されている事もあるので確認が必要です。

 

「オープンウォーター用ゴーグル」
集団内の人の動きや、遠くの目標物をしっかりと捉えるため。
また、自分の顔と相手の手足が接触した際にけがを防ぐため、トライアスロン専用のゴーグルをおすすめします。

  

「ゼッケンベルト」
バイクパートでは後ろ側、ランパートでは前側にゼッケンをつけなくてはなりませんが、ゼッケンは1枚しか配布られないイベントがほとんどです。
ゼッケンベルトにゼッケンを装着して、腰に巻き付けて、パートごとに回すだけでOKです。

【バイク・ランニング編】

「バイク」
バイクパートでアップダウンやコーナーリングが多い、オリンピックディスタンスまでならペダルの漕ぎ出し反応が素早いロードバイク。
ストレートが何キロも採用されるミドル以上はエアロ効果に特化したトライアスロンバイクがおすすめです。

バイクのご紹介はこちら

「DHバー」
ライディングフォームを小さくし、空気抵抗を最小限にするため、ハンドル部に取り付けるオプションアイテム。
バー部分の形状や素材は様々で、ライダーの好みやコース状況によって選択します。

「ヘルメット」
トライアスロンはドラフティング(接近して他の選手後方を接近して走ること)が禁止されているので、空気抵抗を考慮されたエアロヘルメットがおすすめですが、最初は普通のヘルメットでも大丈夫です。

「ランニングシューズ」
水はけがよく、素足で履いても靴擦れができにくく、効率よく走ることができるトライアスロン用に開発されたランニングシューズが存在しますが、最初は市販されているランニングシューズでも問題ありません。

ページのトップへ

最新トピックス
最新トピックス
最新トピックス
最新トピックス
  • 店舗検索ページへ
  • Y'sRoad Portal
  • Y'sRoad Online
  • Y'sRoad TV
  • FAQ
  • ブランドカタログ
  • 自転車辞典
  • メルマガ
  • 銀聯card能利用